さいたま市北区植竹町1-457

TEL 048-663-3475

FAX 048-663-3474

めん綿ふとん打ち直し

店内の仕立て場で職人が手作り

 わた布団は天日で干す事によってふっくらします。わたの繊維から湿気がなくなる事で反発力が強くなり空気をたくさん取り込めます。また、日光で清潔さが保たれます。何よりも、さらさらの感触、お日様の独特の香りに包まれて安眠が促進されます。

 しかし、干してもだんだんふくらまなくなります。中心部に湿気がこもって乾燥しにくくなります。打ち直し時です。

 中綿を製綿機にかけて、玉わたと言われる、新しい綿と同じような状態に製綿します。

 同時進行で、選んでいただいた布団生地の原反を裁断して店内に設置してあるミシンで縫製いたします。

製綿した玉わた・縫製した側生地 がそろったところで仕立て作業です。店内の仕立て場で熟練した仕立て職人が1枚ずつ丁寧に布団に仕上げていきます。

シングルサイズ 1枚
 ¥8,200コース
¥9,200コース ¥10,600コース
○綿100%サテン生地使用。(綿紬生地もあります)
○店内の仕立て場にて職人手作り
○丈長は1割増し(210cm)
○ダブルサイズや220cm超丈長等、特殊サイズに
 対応しています。
○使わなくなった掛布団を敷布団や長座布団、
 コタツ布団、子供布団等へ作り替えできます。

↑(打ち直し作業が終わりました。あとは納品するばかりです。)


(お預かりした 使い込まれた敷ふとんです。打ち直し作業に入ります。上の写真のようになります。)


お知らせ

北海道から「そば殻」が届きました。

 枕を作る「そば殻」が届きました。北海道の空知地方、幌加内産です。今年は大 雪と最低気温で何度もニュースになりました。何回か訪れましたがのんびりとしたとてもいいところです。近くにはかつて日本最低気温を出した朱鞠内の神秘的 な湖があります。そんな場所でおいしい蕎麦を大切に育んだそば殻です。今、枕になる袋とピローケースをお店のミシンで縫っています。もうすぐ枕になって、 お店に並びます。


生地見本を持って伺います。基本的に集配無料

さいたま市全域(北区・大宮区・見沼区・西区・中央区・岩槻区・浦和区・南区・桜区・緑区)・上尾市・伊奈町・桶川市・北本市・鴻巣市・蓮田市・白岡市・久喜市・蕨市・川口市・戸田市・川越市・富士見市  および周辺地域

電話にて担当者と相談してください。